FC2ブログ

まつお正秀の雑記帳

 西宮市会議員のまつお正秀が、日々感じたことを気ままに書く雑記。私が地域で配布の「まつお正秀のかわら版」というビラの記事(表面記事・コラム・メダカ通信・食べ物豆知識)はブログに移動しました。議会活動や議員団活動は日本共産党西宮市会議員団のホームページからどうぞ。

今月のかわら版 2011年3月号

2011-03-18
かわら版より
表面記事 
 ●住宅リフォーム助成制度検討の答弁引き出す
 ・余裕の財政状況もくっきりと

 2月23日から始まった3月議会の代表質問と一般質問。今回は私の出番はありませんでしたが、市長の行政方針に対しては野口議員が代表質問を、一般質問は上田・佐藤議員がそれぞれ行いました。
 上田議員は私がこの間3回にわたって取り上げてきた住宅リフォーム助成制度を取り上げ、新年度からの予算に組み込むことにはなりませんでしたが、「次期産業振興計画の見直しに向けて住宅リフォーム助成制度を検討していきたい」との副市長答弁を引き出しました。現在すでに産業振興計画がありますが、2012年度からの見直しに向けて市内業者などへの実態調査もすでに行われており、それらをふまえた上での中小業者への施策が検討されることになっていました。この制度は持ち家の人たちが市内業者を使ってリフォームした場合に一定率・額を助成するものですが、助成されたお金がいろんなところに波及することから、諸施策の中でもダントツで地域経済の活性化につながることが全国で証明されています。
 また、一般質問に先立って行われた野口議員の代表質問では、新年度予算ではバブル以降に西宮市土地開発公社に分割で購入させていた塩漬けとなっている土地や公園用土地などを、一括金(総額約60億円)で市が買い戻しをして繰り上げ返済するなど、財政に余裕があるからこそできることや、期末での基金残額予測も140億円を超えることなども答弁で明らかにさせ、党議員団が求めている水道料金の引き下げや国民健康保険料の引き下げ、住宅リフォーム助成制度創設などが実現できることを浮き彫りにしました。

裏面記事
 ・東北地方太平洋沖地震に対する西宮市の救援始まる
 3月11日に起きた東北地方太平洋沖地震では、今なお被害の全貌がわからず、テレビの映像から流される悲しみにくれる人たちや被災の現状を見るにつれ、阪神大震災を経験した私たちにとっても他人事ではいられません。亡くなられた人たちのご冥福をお祈りするとともに、被災をされた方々へのお見舞いを申し上げます。
 西宮市としても支援対策本部を立ち上げ、すでに水道・消防部門からの支援者の派遣とともに、市の施設に募金箱も設置しました。今回の被害を想定しない規模だったということで片づけることはできません。原発についてもあれだけ安全だと言われてきたにもかかわらずの放射能漏れ。「日本一の防潮堤」もいとも簡単に波にのまれました。西宮市としても今までの防災計画の見直しが求められてくるでしょうから、議会としても何ができるのかを考えていかなければいけませんが、まずはあらゆる支援を優先させるべきでしょう。

スポンサーサイト



テーマ: 日記というか、雑記というか…
ジャンル: 日記

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © まっつん All Rights Reserved.