FC2ブログ

まつお正秀の雑記帳

 西宮市会議員のまつお正秀が、日々感じたことを気ままに書く雑記。私が地域で配布の「まつお正秀のかわら版」というビラの記事(表面記事・コラム・メダカ通信・食べ物豆知識)はブログに移動しました。議会活動や議員団活動は日本共産党西宮市会議員団のホームページからどうぞ。

原発マネーの本の氷山一角かも

2014-07-28
未分類
 今日報道ステーションを見ていたら、関西電力副社長が原発推進のために歴代首相をはじめ自民党などの有力議員に盆暮れ2000万円ずつ渡していたことを証言。人間死ぬ間際になったらまっとうな死に方を望むから、今までのわだかまりを払しょくして死にたいという思いに駆られたということでしょうか。でもこんなことができた人はわずかで、時の政権が転覆するような情報を秘密のまま墓場まで持って行った人の方が多いのではないでしょうか。それは、家族や子どもや孫の代にまで不遇な暮らしをさせたくないという思いもあったことでしょう。

 このような人がどんどん出てきてほしいものです

  以下が朝日新聞の記事です。


関西電力が少なくとも1972年から18年間にわたって、在任中の歴代首相7人に年に2000万円ずつ献金を続けていたことが明らかになった。2014年7月28日、朝日新聞が内藤千百里(ちもり)・元副社長(91)の証言として報じた。

献金の対象になっていたのは、田中角栄、三木武夫、福田赳夫、大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘、竹下登の各元首相(中曽根氏以外は故人)。朝日新聞のウェブサイトで公開されている内藤氏のインタビュー動画によると、盆暮れに1000万円ずつ、年に2000万円を献金していた。内藤氏は献金の存在について

「ほとんど知らないでしょうね」
「一般の役員でも知らないでしょう」

と話し、社内のごく一部でしか把握していなかったことを明かした。このタイミングで証言を決意した経緯については、

「正しいことは言うておかないかん、という素朴な、死を前にした気持ち」

と話した。
スポンサーサイト



Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © まっつん All Rights Reserved.