FC2ブログ

まつお正秀の雑記帳

 西宮市会議員のまつお正秀が、日々感じたことを気ままに書く雑記。私が地域で配布の「まつお正秀のかわら版」というビラの記事(表面記事・コラム・メダカ通信・食べ物豆知識)はブログに移動しました。議会活動や議員団活動は日本共産党西宮市会議員団のホームページからどうぞ。

今日は記念日

2012-09-27
未分類
 今日、9月27日は私が日本共産党に入党する大きなきっかけとなった事件から35年の記念日。それは神奈川県厚木基地から飛び立った米軍のジェット戦闘機が民家に墜落し、幼い子供二人が亡くなり、母親も大やけどを負いました(後日死亡)。これだけならアメリカでも他の国でもあることかもしれません。しかし、10分後にヘリで救助に来た日本の自衛隊が墜落前にパラシュートで脱出してカスリ傷ひとつおっていないにもかかわらず、燃えさかる民家を横目に米軍兵のみ二人を乗せて立ち去ったことです。その後到着した米兵も現場の立ち入り規制をしただけで救助もしませんでした。民間人を救助したのは近くで造成工事をしていた人たちだけだったのです。日本国民を守るはずの自衛隊がアメリカのご機嫌を優先するというおかしな国になっています。
 しかも事故を起こした戦闘機のエンジンはアメリカに持ち帰られて日本は調査もできない。これとよく似た話を覚えておられる人もおられるのではないでしょうか。そう、8年前の沖縄国際大学にアメリカのヘリコプターが墜落し、民間の土地なのに日本の警察は調査にも入れず、機体も調査できずじまい。

 1977年のこの事故のことを、当時西宮市の大井手町の独身寮で購読してまもない赤旗新聞でこのことを知り、他の新聞が本質的な問題を報道せず、その数年後には社会党も安保条約を認めるようになる中で、日本国民の苦しみの根源に安保条約があり、それに一貫して反対をしてきたのが日本共産党ということを知って、後日先輩に勧められて入党したのでした。

 民主党政権になって3年になりますが、アメリカいいなりのその根本は変わらないどころか、オスプレイ問題に見られるようにますますひどくなっているように感じます。

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © まっつん All Rights Reserved.