FC2ブログ

まつお正秀の雑記帳

 西宮市会議員のまつお正秀が、日々感じたことを気ままに書く雑記。私が地域で配布の「まつお正秀のかわら版」というビラの記事(表面記事・コラム・メダカ通信・食べ物豆知識)はブログに移動しました。議会活動や議員団活動は日本共産党西宮市会議員団のホームページからどうぞ。

なぜヨーロッパみたいにできないのか?

2012-06-28
未分類
 昨日やっと議会での質問が終わり、ほっと一息。議員団で質問の検討をおこなうに当たりその準備と、検討した後には議会の役員選挙などがあり、ずっと質問のことが頭を離れず気分的に重苦しい日々が続いていましたが、昨日でやっと肩の荷が下りた感じです。震災での借り上げ住宅の期限問題で質問することもあり、対象の住民の皆さんには議員で手分けして傍聴の案内をしていた関係で、たくさんの方たちが傍聴に来ておられました(その分緊張もしましたが・・)。

 今日は家で夜九時からのNHKニュースを見ていましたら、病院で手の施しようがなくなった患者さんが病院から自宅に戻され、介護は受けながらやせ細って死んでいく姿を報道していました。なぜそのことを書くのかというと、先日老人保健施設で流動食状態になった父親が、もう症状がよくなる見通しがないので転院して欲しいといわれているという相談があり、とりあえず尼崎医療生協の老人保険施設に電話してくださいと紹介したばかりだったからです。この間の自民党政権で、介護施設も治療をしないで施設入所だけでは儲からないし、病院も長く入院するほど診療報酬が減る仕組みにがしてきた為、お金のかかる治療のいらない人は出て行って欲しいということになっているのです。まさにアメリカ映画「シッコ」の日本版がどんどん広がっていますが、NHKのニュースではますますこうした事例が増えていくだろうということでした。

 一昨日消費税増税法案が衆議院で可決しましたが、自民・公明・民主の談合内容を国会に押し付ける形で、しかも社会保障は悪くなることばかり。ヨーロッパでは消費税率は高いですが、食料品や生活必需品には非課税、あるいは低税率にしていて、将来の老後の心配の要らないほど社会保障は充実しています。日本ほどの経済力があればデンマークやスウェーデン並みの社会保障くらい優にできると思いますが、その経済力の主要部分を一部の大企業とか一部のお金持ちが「独り占め」にしているからでしょう。ヨーロッパでは労働運動や住民運動などの歴史が古いということと、陸続きなので情報の共有化が早いという側面もあるのでしょう。

 でも原発再稼動での反対運動の広がりや消費税の増税に5~6割が反対をしているわけですから、一貫してそのことを追求してきたわが党に今後は国民の期待が高まってくるでしょう。

スポンサーサイト



テーマ: 日記というか、雑記というか…
ジャンル: 日記

Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © まっつん All Rights Reserved.