FC2ブログ

まつお正秀の雑記帳

 西宮市会議員のまつお正秀が、日々感じたことを気ままに書く雑記。私が地域で配布の「まつお正秀のかわら版」というビラの記事(表面記事・コラム・メダカ通信・食べ物豆知識)はブログに移動しました。議会活動や議員団活動は日本共産党西宮市会議員団のホームページからどうぞ。

今月のコラム

2009-08-15
コラム
 神戸新聞に紹介されていた予約本が届きました。題名は「自殺する種子(平凡社)」です。過去の世界支配というのは軍事的側面が強かったのですが、今では食糧戦略、特にアメリカなどのアグロバイオ企業が種子を独占することによって、生産者が種子を買わざるをえない状況を作り世界の食を支配していく。先日私のこの紙面で先進国が途上国に多様な作物を作らせずに単一栽培を強いるやり方の問題点を指摘しましたが、現在のバイオ技術では次世代の種子が自ら死んでしまうプログラムを組み込むことができるまでになってしまったそうです。そうなると必ず種子を買わざるをえなくなり、しかも遺伝子組み換えなどで特許をとった種子とともに、その種子専用の肥料も販売することで莫大な利益を上げていく。さらにそれだけでなくたまたま風に流された種子で栽培した作物農家に対してさえ、特許侵害による農家からの賠償金が企業収入の大半を占める。ここまで食も支配される時代が来たのかと、恐ろしさを感じた一冊でした。
スポンサーサイト



Template: greentea2cL

Powered by FC2 Blog

Copyright © まっつん All Rights Reserved.